第4話「アビスの淵」
脚本:小柳啓伍/絵コンテ・演出:飯野慎也作画監督:伊藤晋之
リコが目を覚ますと、眼前にはレグの寝顔とロープのように張り巡らされた腕があった。『オース』から旅立った二人は深界一層『アビスの淵』に到達しており、周囲を常に警戒する必要があったのだ。「この速さなら奈落の底へ行ける!」と目を輝かせるリコだったが、お腹が空いた様子。そこで特製のリコ汁を作って食べていると、レグはふとポケットに入っていた封筒を思い出した。そこに書かれていた文字は・・・。

©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会